施工事例Result

イングリッシュバリエコロニアルα

 

福岡県大川市  L様邸

爽やかな外観が特徴のイングリッシュバリエコロニアルα

外観、内観共デザイン、動線等トータルバランスに拘ったL様。

ご夫婦共アメリカに留学経験があり、アメリカンハウスに憧れを抱いていたそう。そんな想いを実現すべく弊社との家つくりが始まりました。

窓の配列にも拘りつつ、間取りや家事動線にも拘りや気遣いが感じられる、そんなL様仕様の家が完成しました。

 

≪コダワリポイント≫

・広々としたリビング。

・キッチンから洗面へのスムーズな動線。

・家族とのコミュニケーションツールとしても使えるリビング階段 ・・・・

  #13-gaikan1_R.jpg
  整然と配列された窓、白いラップサイディングと緑の屋根が、アメリカンスタイルをより象徴的なものに演出。
#13-kittin_R.jpgのサムネール画像   #13-sennmenn1_R.jpg   #13-dainigu1_R.jpg
キッチンに立つと、ダイニングとリビングが一望できる。   キッチンから洗面への動線は無駄のないスムーズな動線に。  

キッチンの前面にはダイニングテーブルを、キッチンの横には洗面と、使い勝手に拘ったキッチンスペース。

#13-living_R.jpg   #13-living1_R.jpg   #13-living4_R.jpg
広々としたリビング。
#13-living3_R.jpg
リビングとダイニングはつながりを感じつつも、独立性を確保した空間に。 壁面に間接照明を施し、柔らかい光で空間を演出することで奥行も感じられる。

木製の階段手すりと、床材や家具がうまく調和する空間に。

#13-senmen_R.jpg   #13-bakkusettto_R.jpg   #13-mozaiku_R.jpg
リズミカルな色使いの洗面台。  

キッチンの後ろには、大きめサイズのバックセットを。レンジやオーブンを置いても窮屈にならずに済む。見せたくないダストBOXは奥のカーテンの中へ。

  小口のタイルは、モザイクタイルで。機能性とインテリア性が同居したキッチンに。