施工事例Result

グリューネ

鳥栖市曽根崎町 T様邸

 

・明るい陽光があふれるリビング

・美しい室内にブルーが活きる

 

北部九州で初めて誕生したインターデコハウス「グリューネ」。施主様はパンフで見て気に入り、実物は見てないものの「他にまだない」からこそ「自分の家」にしたかったそう。「グリューネ」はグリーンの意味でロハスをイメージしている。キッチンのタイルや階段の手摺、窓辺にブルーを取り入れることで、白色中心だった室内は一気に爽やかなイメージに。家具もインターデコハウスお勧めの商品を採用。木の風合いを活かしたフローリングがお洒落な家具によく似合う。

 

  #12gaikann2.JPG
 

「グリューネ」外観デザイン。重なり合う三角の屋根のラインが美しい。

#12ribinngu.JPG   #12sennmenn.JPG   #12marumado.JPG
広々としたタイルキッチンがインテリアのように室内を飾る。室内の開放感を高めるカウンターキッチンはカウンターを少し高くすることで、ダイニング側からさりげなくシンクを隠し、お洒落な雰囲気を醸し出す。   省スペースに収めた洗面化粧台。底の浅い洗面ポールは見た目にもスタイリッシュでお手入れもしやすい。   2階の洋室にデザインした大きな円い窓。ここにも青いタイルを施し、外の風景を美しく切り取る。

 

#12toire syoumei.JPG   #12kaidann.JPG   #12daininngu.JPG
柔らかく自然光を取り込み、お洒落な照明をつけた、デザイン性の高いトイレ。壁紙に写る照明のシルエットも素敵。   階段の青い手摺が美しい。手摺壁にも青を中心とした4種類のタイルを組み合わせ、アクセントに。   木の木目が美しいフローリングに白い家具がなじむ。家具やカーテンなどのインテリアを同系色でまとめることでより開放的に。サッシの外にはテラスを設置。風景を楽しみながらコーヒーブレイクを楽しめる。

 

#12kittinn.JPG   #12dousenn.JPG   #12gaikou.JPG
キッチンカウンターに鮮やかな色を採用することで、リビング・ダイニングとのメリハリをつける。   キッチン・リビングにいると、家族の様子がわかるように造られた間取り。  

半円を描くアプローチとシンボルツリー、白い玄関扉が美しく調和。清楚なイメージを醸し出す。